Ripple(XRP)とは?

Riipleは、ビットコインの改良型として発明され、シリコンバレー生まれで、あのGoogle社まで投資している仮想通貨を利用した送金システム。

Read More

Ripple購入お申込み

Rippleの購入申込をいただけます。

Read More

Q&A

Rippleに関するよくあるご質問

Read More

 

Our Gateway Address

rM1JztoSdHmX2EPnRGRYmKQvkxZ2hnrWsn

We are listed in official GATEWAY INFORMATION of Ripple Labs!

>>We are listed in Gateway information of ripplelabs.  We are the 4th Japanese gateway that is listed in it.

How Ripple works:

News from Ripple Central24

リップル(XRP)の価格予想 〜XRP=100円!?〜リップル(XRP)の価格予想 XRP=100円!?

リップルの価格が上昇するためにはリップルネットワーク上での取引量増加が必須である。

取引量が増加するには以下の2点が必要だ。

(1)優良なIOUが多く登場する。
(2)世界中の銀行がリップルプロトコルを取り入れる。

まず、(1)について現在人気であるIOUを紹介しよう。

GOLD(金)と交換が可能であるXNF、リップルネットワーク上やXNFTrading.comで入手が可能だ。
bitstampなどが発行しているビットコインのIOUである、BTC
GBIやリップルシンガポールの発行しているゴールド(金)のIOUである、XAU
円、ドルなど現行通貨の役割を果たすJPYやUSD、これは各ゲートウェイが発行している。
上記のIOUの中でオリジナリティーがあるIOUはXNFとXAUくらいではないか、今後更に魅力的なIOUが増えて行けばリップルネットワーク上でのやり取りが増加する。

ここで、わざわざビットコインをIOUで購入する意味が分からない方に、IOUの魅力を説明しよう。

ビットコインを購入するためには、ビットコイン専用のウォレットが必要になる。
そして、購入方法は取引所に現金を預け入れて取引所のホームページ上でトレードして手に入れるのだ。
金融機関の機能していない土日祝日にビットコインの取引がしたい場合や、深夜には、ビットコイン取引所に入金が出来ないため、買うことが出来ない。
しかし、リップルウォレット内にJPYやXRPを所有していれば24時間好きな時にビットコインを購入、トレード出来てしまうのだ。
これはトレーダーにとっては非常に便利で相場が乱高下している際にはすぐに対応が可能だ。

(2)については、銀行がリップルプロトコルを導入することにより顧客がリップルを直接的、間接的に使用することにより取引量が増加する。(1)の魅力的なIOUが増加した場合よりも爆発的にリップルユーザーが増えるのではないかと予想される。

世界中の銀行がリップルを導入し、海外送金時にリップルプロトコルを使用するのが当たり前の世の中になれば、時価総額10兆円程度ならば現実的にあり得る話だ。

このときXRP=100円となる。

これでも世界の大企業の時価総額と比べるとまだまだなのだ。
世界時価総額ランキング

リップルラボが話しているように、あくまで長期的にリップラーがリップルプロトコルを成長させていく必要がある。
まず、リップルを保有している人は周りの人間に仮想通貨の面白さや魅力を語ってみよう。
それが成長への第一歩だ。
20161108
邦銀42行がRippleの技術を利用するコンソーシアムを設立
みずほフィナンシャルグループ、りそな銀行を含む邦銀42行が仮想通貨技術のRipple(リップル)を利用する『国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』を設立したと報道があった。他にも三井住友信託銀行などの大手も含む。
リップルとR3は12の銀行とチームを組みXRPを利用したクロスボーダーペイメントをトライアル
20160925
みずほ銀行 秘密の独自仮想通貨開発か?
仮称「みずほコイン」!?

みずほフィナンシャルグループでは昨年から、仮想通貨・ブロック
チェーン・フィンテックの取り組みが実施されていました。

独自仮想通貨と言えば、初の銀行発行の仮想通貨ということで
三菱東京UFJ銀行がMUFGコインの開発を進めていると発表も
ありましたね。

昨年度から、みずほフィナンシャルグループでは、傘下の
みずほ銀行など、複数のグループ会社と協働して、
仮想通貨、ブロックチェーン技術関連の取り組みを
数多く実施しています。

FinTechやオープンイノベーションのハブとして昨年7月に
インキュベーションプロジェクトチームを設置して、
柔軟で迅速な意思決定が行えるよう社内カンパニーやユニットに
属さず、担当役員が直轄する組織で、現在兼務者を含めて60名
ほどが在籍する規模ですすめています。

みずほフィナンシャルグループと、日本アイ・ビー・エムが
6月22日より合同で仮想通貨等の決済業務について検証作業を
スタートすることを発表しています。

今回の技術検証ではこのオープンソース環境とIBMが開発した
ブロックチェーンを利用して、決済業務の領域で仮想通貨等の
検証作業を行うと報告されています。

みずほは「本技術検証を通じてブロックチェーン技術や
仮想通貨に関する研究を進め、より利便性の高いサービスの
提供や、技術の飛躍的進化にもスピーディーに対応する新しい
金融サービス創造を推進していきます。」とコメント。
また日本IBMは、「本取り組みでは、アプリケーションの開発者
が高いセキュリティーを保ちながら、分散台帳を容易に構築でき
る技術を提供していきます。」と話しています。

先日もカナダの中央銀行が独自のデジタル通貨の開発に取り
組んでいることや、三菱東京UFJ銀行のMUFGコインという独自の
仮想通貨の開発などの報道が相次いでいます。

決済業務における仮想通貨の応用については、これから更に
注目が続きそうですね。
20160819
横浜銀行や住信SBIネット銀行が24時間送金実現に向けシステム構築へ
横浜銀行や住信SBIネット銀行が独自の決済システムの構築を目指す。利用者は24時間365日の決済や割安な手数料での送金ができるようになり、利便性の向上が期待できる。アメリカのリップルラボが開発した決済システムを日本向けにカスタマイズして、2017年春の稼働を目指す。
手数料が下がることにより、小口の決済もやりやすくなる。例えば、わずかな手数料でバイト代を日払いで都度銀行口座に振り込むようなサービスが考えられる。
横浜銀などは10月に共同で研究会を発足させて実用化の検討を急ぐ。大手銀行や他の地銀、ネット銀にも参加を呼びかけており、当初は15行程度の合流を見込む。
新システムは、複数の参加者が取引記録などを共有し、相互に認証し合う「ブロックチェーン」と呼ぶ技術を応用する。ビットコインなど急速に普及が進む仮想通貨の中核技術で、安全性の高い仕組みを低コストで構築できる利点がある。
横浜銀などはSBIホールディングスと提携する米フィンテック企業のリップルラボ(カリフォルニア州)が手がける決済システムを日本の金融界向けにアレンジし、来春にも稼働させる。
20160719
みずほFGとSBIがブロックチェーンによる海外送金システム開発へ
みずほFGとSBIグループがブロックチェーンを活用した海外送金システムの開発に乗り出す。
ブロックチェーンはHyperledgerプロジェクトなどオープンソースでの開発も進んでいて、リアルタイムな取引は実用的なレベルになっているが、セキュリティや決済リスクなどをどう担保するかの、ルール決めに時間がかかりそう。
同様の海外送金サービスは三菱東京UFJ銀行もビットコイン取引所のコインベースと提携して開発を目指している。
20160710
三井住友FGとハウインターナショナルがブロックチェーン技術を協同で研究へ
三井住友フィナンシャルグループはブロックチェーン技術の研究のため、近畿大学とハウインターナショナルと提携している。ハウインターナショナルは福岡県飯塚市のITベンチャーでブロックチェーンに関するノウハウを持っており、金融サービスへの活用を目指す。
20160708
三菱東京UFJ銀行がコインベースと提携して海外送金サービスを開発
三菱東京UFJ銀行が、ビットコイン取引所のコインベースに出資し、仮想通貨を利用した海外送金を開発するとのこと。
仮想通貨を利用するには、例えばビットコイン↔日本円の換金が必要で、この換金をしてくれるのがコインベース。
今回の三菱東京UFJ銀行がどうやって海外送金を行うのかは明らかになってないが、例えば、
①個人がMUFGのビットコイン換金用口座に入金→②MUFGがコインベースでビットコインに換金→③コインベースがビットコインをドルに換金してアメリカのMUFG口座に入金→④MUFGが送金先の個人口座に入金、とすればSWIFTやコルレス銀行などを使わずに、迅速かつ低コストで海外送金ができるようになる。
これからシステムを開発したり、金融当局と調整したり、改正銀行法の施行(1年以内を予定)を待ったりと、サービス開始は2017年度以降になりそう。
三菱UFJ銀、仮想通貨使い海外送金 米社と開発へ 手数料安く手続き短縮 :日本経済新聞
コインベースはこれまで米欧を中心に展開しており、アジアへの進出を狙っていた。三菱UFJ銀は国内に4000万口座を持ち、普及に向けた相乗効果が大きいと判断。日本では仮想通貨を現金に戻す際に、まず三菱UFJ銀の口座を通じて取引する仕組みになるもようだ。
20160622
みずほ・日本IBM、仮想通貨による決済検証へ
[東京 22日 ロイター] - みずほフィナンシャルグループと日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は22日、ビットコインなど仮想通貨の基礎技術であるブロックチェーンの技術検証で合意したと発表した。6月から決済における仮想通貨の技術検証作業を行う。

ブロックチェーンは分散型台帳と呼ばれ、ネットワーク上で不特定多数の参加者が取引を監視することで、取引の正当性を担保するシステム。ビットコインなど仮想通貨に利用されているほか、金融機関のコンピュータシステムを大幅に小型化・低価格化する可能性も秘めているとされる。

仮想通貨の利用は、日本国内では値上がり期待による投機的な取引が中心だが、国際送金手数料が事実上無料になるなど、既存の金融システムに大きな影響を与える点が注目されている。国内でも三菱東京UFJ銀行が独自の仮想通貨を開発中。
20160428
ビットコインやFintechに対応するための銀行法改正案が可決
ビットコインやFintechなど法規制と新技術のギャップが埋って、新サービスを展開しやすく期待できる。
去年の9月くらいから言ってた話で、可決まで半年、施行はさらに一年後とこの遅さはなんとかしてほしい。
20160418
住信SBIネット銀行が勘定系システムでのブロックチェーン実証実験に成功
住信SBIネット銀行の規模はみずほ銀行などメガバンクの20分の1ほどながら、ブロックチェーン使ったシステムで秒間数十件程度の取引を問題なくできることが確認できたとのことで、勘定系システムへの利用も無理ではないことが実証された。しかもAWS(Amazonのクラウドサービス)上で動いているので、年間100億円オーダーの費用がかかるメインフレームベースの勘定系システムと比べてコスト面でも有意

What is Ripple?

Ripple is a payment system using virtual currencies. It was born in Silicon Valley as an improved version of bitcoin. Their investors include Google Ventures. Ripple is not

virtual currencies itself, but a transaction protocol using coded currencies.。

What is Ripple? : Details


*Jump to an external site (rippletrade.com)

*Now Ripple Labs has been stopping to establish a new wallet.

Create your own Ripple Wallet



Share on Facebook
LINEで送る